読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SlackでHubotを使う

ツール

REMPチームで今までチャットシステムにLingrを利用していたのだけど、会社でもSlackの試用を始めたりしているので丸っとSlackに移動させようとLingrで動かしていたHubotをSlackに移した。

Slack自体がHubotを稼働させるためのintegrationとして準備しているのでほとんど障壁が高く無かったのだけど、一応動かした際のメモ。

1. Integrationを追加

https://〜.slack.com/services の Integrations で Hubot を追加する

2. 環境変数の設定

  1. のIntegrationsで追加すると Setup Instructions として表示される HUBOT_SLACK_TOKEN の値をHubotが稼働しているサーバーへ環境変数として追加する。

3. npmパッケージのhubot-slack追加

Hubotのプロジェクトに slackhq/hubot-slack · GitHub を追加する。

$ npm install hubot-slack --save

4. 起動時にslackアダプタを指定

Hubotを起動させる際にアダプタとしてslackを指定する。起動時に -a のオプションを指定する。

$ bin/hubot -a slack

Hubot自体も、Hubotを永続化させるのに利用しているsupervisorの設定もChefのテンプレートとしてリポジトリ管理してたのでその辺りも我ながらよかった。*1

slackhq/hubot-slack · GitHub

*1:というか普通はきっとherokuで動かしてるんだろうな。