greenkeeper.io を利用してプロジェクトが依存するnpmを最新の状態で保つ

プロジェクトで依存しているnpmを最新に保つのにgreenkeeperというサービスを見つけたので試してみました。

まずはcliツールをインストール。このサービスのカッコイイのがOAuthの部分を除いてコマンドラインで完了するというところ。

$ npm install -g greenkeeper

まずはgreenkeeperにログインします。コマンドラインでログインを指定。

$ greenkeeper login

そうするとGithubOAuth認証用にブラウザが立ち上がって認証を求められます。

f:id:hideack:20151002210341p:plain

その手続が済むとgreenkeeperを利用可能な状態になっているので、greenkeeperでpackage.jsonで管理されているnpmパッケージを最新に保ちたいプロジェクトのルートでgreenkeeperを有効にします。

☁  remp-api [master] greenkeeper enable
?  info enable The GitHub slug is: remp-team/remp-api

そうすると該当リポジトリ内にある package.json の監視が始まり、最新のnpmパッケージがあれば自動的にプルリクエストが作成されます。

f:id:hideack:20151002210518p:plain

github側で連携していれば当たり前ですが自動的にSlackに流れてきて, CI走って便利感ある。

f:id:hideack:20151002210650p:plain

例によってプライベートリポジトリだと課金が必要なのですがパブリックなリポジトリであれば無料で利用できる様なのでぜひお試しください。


greenkeeper

http://greenkeeper.io/