読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近何やってるの?とよく聞かれるので。

雑談

ゴールデンウイークを挟んだり、新年度を迎えたりして、以前仕事を一緒にしていた方や学生時代の友人と久しぶりに話す機会が複数回あったのでこちらでも書いてみます。

自分は新卒以来エンジニアとして形は違えどLSI設計やWindowsアプリの開発、Webアプリの開発と様々な開発に携わってきたのですが、最近はまた畑を変えてメディアに携わってます。

「ああ、アプリとか用のAPIとか開発してるんですか?」と聞かれることもあるのですがそれも無く管理職として携わっています。

また、管理職というと「じゃ、エンジニアの方の管理ですか?」と次に聞かれるのですがそれも無く主にメディアを一緒に作ってくれているとっても素敵なディレクター、ライター、デザイナーの方々と一緒に仕事をしています。

メディアの名前は「よむよむカラメル」といいます。

pickup.calamel.jp

よむよむカラメルではカラーミーショップで構築されたネットショップを運用されている店長さんのストーリーやそこで扱われている商品を紹介させていただくコンテンツが中心ですが基本日々の生活がネットショップを媒介にして少しでも楽しくなったすることができればと思いつつ毎日記事を更新しています。

ネットショップを通じた購入に至るまでの体験でワクワクするときはどんなときかと考えると、

  • 自分が知らなかったアイテムを知ることができたとき
  • 自分が探していたアイテムと出会えたとき
  • 実際にモノが届いたとき

という、3つの「とき」だと思いますので単に商品を紹介するだけにとどまらず、ネットショップを運営されている店長さんのインタビューや実際に編集部の人が使ってみたり開けてみたりした瞬間もいろいろな形で届けられないかいろいろ試してみている最中です。

時には動画で表現できないかと試したりもします。


規模としてはまだまだですが、運用して知れた新しい発見は、いままで知らなかったネットショップや商品と巡りあったことで喜んでおられる読者の方の声がtwitterなどを通じて聞こえた時に、自らがエンジニアとして携わったサービスに寄せられるユーザの声を聞いた時とはまた一味異なる喜びを得ることができるんだなぁ。ということが1つあります。

その喜びはきっとネットショップの店長さんや、実際に商品を購入された方の喜びにもなっていると信じています。

まずは商品を知ってもらえる場を作ること。知ってもらって少しでも生活が楽しくなること。そこまで大げさではなくても通勤電車の中で"よむよむカラメル"を読んでもらって、「あ、こんな商品売ってるネットショップ知りたかったんだ。ラッキー!」と思ってもらえる人を一人でも多くすること。目下それがやるべきことと思いながら毎日試行錯誤しています。

コンスタントに記事は更新していますのでtwitter等を通じて記事を読んでもらえると嬉しいです。

twitter.com