PixelaでSlackにおける自分の発言数を記録する

githubでお馴染みのコミット数に応じて頻度が色付けされるグラフを任意の数字で作れる Pixela というサービスをリリースされた時点から知って、何か試してみたいなと思っていたので、Slackの自分の発言したメッセージ数を記録してみた。

こんな感じになる

まずは、前提としてPixelaのGetting Startedを完了させてユーザー登録とグラフの作成が完了しているとします。*1実際にPixelaに記録する方法として以前自分が作ったSlack全チャンネル眺めるくん ( slack-cli-stream - npm )に特定のユーザーの発言のみを表示対象にするオプションとメッセージ検知をトリガーにhookして任意のコマンドを実行できる様に実装してみています。インストール自体はnpmに登録しているので

$ npm install slack-cli-stream

で完了するはず。壊れていたらごめんなさい。

インストールした後、以下の様なYAMLを準備します。tokenはSlack API呼び出し用、hookは --hook オプションを付けたときに実行したいコマンドを記載するので、hookにはhook毎にPixelaに対して呼び出し毎に数値をインクリメントできる様にcurlコマンドでインクリメントのAPIを呼び出す記述を書きます。

token: xoxp-*****-*****-*****-*****
hook: curl -X PUT https://pixe.la/v1/users/hideack/graphs/slack-message/increment -H 'X-USER-TOKEN:******' -H 'Content-Length:0'

上のYAMLを準備して下の様にオプションを指定してターミナルで起動させておきます。*2

$ slack-cli-stream -u terry -s ~/.slack.yaml --hook

そうすると、Slack上の自分の発言( -u オプションで指定したユーザ ) だけがターミナルに流れていく様になって、且つメッセージ受信のタイミングでYAMLに書いたコマンドをフックしてくれることから、YAML中で指定したコマンド(curlでPixelaのAPIを叩く)が実行されるのでそのタイミングでPixela側に反映されていきます。

ある程度数字貯めた後眺めると、この日Slackでたくさん喋ったなとか一日中席外していたな。とか振り返れるかなと思ったりしています。一応このブログのサイドバー(スマホであればフッタ)に表示させてみているのでグラフに更新がなかったら何かあったと思ってください(!)

今回は自分自身の発言数を記録したのですが、もう少しだけ機能足せば自分が観測している範囲のSlackでの :+1: の数を記録していって良い話題が多かったなとかも観測できそうだなと思ったりしています。

f:id:hideack:20181202102932p:plain
起動させた様子

f:id:hideack:20181202102810p:plain
記録された様子。一週間試してみたので既にいくつか記録されてる。

*1:ユーザー登録とかもAPIで完結してるのがとてもよいと思った。こういうサービス作ってみたい。

*2:弊社で稀に生じるSlack IDとソーシャルで使ってるIDが異なる問題によりSlackで指定するIDとPixelaで取得したIDが異なる

2018年11月に読んだ本を振り返る

11月は9作品。

デザインが日本を変える 日本人の美意識を取り戻す (光文社新書)マツダの常務執行役員(デザイン・ブランドスタイル担当) の方の本。マツダ車のデザインの魅力はこういった考え方から生まれるのかと知る一方。組織が大きく変化したときの苦労がありのまま書かれていた。中から抜粋。

第2章 言葉論から。デザイン本部長を引き継いだ直後に無記名のアンケートで前任者とのやり方の違いからの不安感等々の意見を垣間見たときのトピック。

ドン底まで落ちた末にわかったのは、人に何かを伝えるには明確なものを提示しなければダメだということだった。結局のところ話す相手はデザイナー、いくら口で細かく説明しても「こういうカタチです」という現物がなければ何ひとつ伝わらない。抽象ではなく具象を差し出さないと、相手はこちらのイメージを理解できない。つまり〝カタチによるメッセージ〟――私に必要なのは、まずはそれだったのだ。

第4章 組織論から。

私は人を動かすための一番強力な手段は、その人を感動させることだと考える。まずは自分が感動した上で、仲間にも同じ感動を味わってもらう。頭で理解させるより心を動かした方がメッセージのインパクトははるかに強くなるし、長く記憶に留まり続ける。私は感動ほど人を動かすプロモーター(促進剤)はないし、すべての人を結ぶ力学は理屈ではなく感動だと思うのだ。

決断=実行。今も時々読み返す。先日のブログエントリ参照。

落合博満の新刊を読んだ - テノニッキ (@hideack 's diary)

2018年ももう少しで終わる。読めるだけいろいろと本を読みたい。


hideackの本棚 - 2018年11月 (9作品)
決断=実行
決断=実行
落合博満
読了日:11月17日

powered by Booklog

小旅行二日目

二日目はMOA美術館に行ってきた。2年前くらいに同じく行こうとしていたのだけれども当時工事をしていて行けなかったので改めてチャレンジ。朝一番に駅前から出ているMOA美術館行きのバスに乗って移動した。ものすごい移動時間としては10分かからないくらいなのだけれども、尋常じゃない坂道を登っていった先にあるのでこれは徒歩ではよっぽど脚力に自信ある人ではないと難しい気がする。

登った先に突如現れる美術館の入り口から入ると更に上に通じるエスカレーターを7つ乗り継いで美術館本体に到着する。見晴らしが素晴らしくてこれを見るだけでも価値がある。

f:id:hideack:20181123103916j:plain
MOA美術館の受付入った後に続くエスカレーター (階段で上がる人。チャレンジャーだな)

f:id:hideack:20181123104437j:plain
エスカレーターを抜けると美術館本体がドーンとある

特別展の人間国宝展を見たのだけれども展示のボリュームが物凄くて圧倒されてしまった。

その後美術館の展示を見た後、裏手にある日本庭園に行ったところちょうど紅葉がいい塩梅で広がっていて思わず紅葉狩りできた。抹茶と羊羹を頂いた。

f:id:hideack:20181123121515j:plain
ちょうど紅葉がいい塩梅で進行していて最高だった

再び駅周辺に戻ってお土産購入や一駅ついた後、東京に戻った。

小旅行1日目

多少くたびれていたので気分転換に小旅行で熱海へ。電車で移動するときはシュウマイ弁当に限る。東京駅発スーパービュー踊り子号は最高なのであった。

シュウマイを食べ終えてKindleで本を読んでいるとあっという間に熱海に到着。

f:id:hideack:20181122130322j:plain

宿に到着して夕方までの時間、海側に出て散歩した。熱海城が見える。ウミネコ人に慣れすぎ。

f:id:hideack:20181122153711j:plain

徒然日記 - お休み前のドタバタ, マツダ車のデザイン

翌日お休みをとるつもりだったので予定を詰め込みすぎた。終業間際、少しバテてしまった。

通勤中に デザインが日本を変える 日本人の美意識を取り戻す (光文社新書) を読み始める。著者はマツダの常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当。RX-8デミオをデザインされた方になる。マツダ車、アテンザが発表されたくらいからとても好きなメーカーなので興味があって読んでみたのだけれども刺さる言葉多数。

デザインが日本を変える 日本人の美意識を取り戻す (光文社新書)

デザインが日本を変える 日本人の美意識を取り戻す (光文社新書)

抹茶ラテ

 

丸の内のKITTEで休憩したときに飲んだ抹茶ラテ。お店の運営はタリーズコーヒーなのだけだ、別のブランドで店舗運営されているとのことだった。そういえば、最近、抹茶の美味しさを覚えた。

f:id:hideack:20181124094426j:image

徒然日記

よむよむカラーミーでインタビュー公開。『挑戦したいことだらけ。合言葉は「まずやってみる」』っていうメッセージが響いた。 shop-pro.jp

終業後、串カツ屋さんにお酒を飲みに行く。誘われたので参加したのだけれども、他の誘われた人の中にお酒が飲めない人がいることに主催者が気づいたところがハイライト。とはいえ、ひたすら全員で笑いながらいろいろ話をして過ごせたのはすごくよかった。