2018年3月に読んだ本を振り返る

リーダーを目指す人の心得 文庫版、元国務長官の回顧録。元軍人の方というのも関連しているのか一本筋が通った仕事論と人生論だった。

以下、自戒13ヶ条として紹介されていたもの。

  • (1) なにごとも思うほどには悪くない。翌朝には状況が改善しているはずだ。
  • (2) まず怒れ。その上で怒りを乗り越えろ。
  • (3) 自分の人格と意見を混同してはいけない。さもないと、意見が却下されたとき自分も地に落ちてしまう。
  • (4) やればできる。
  • (5) 選択には細心の注意を払え。思わぬ結果になることもあるので注意すべし。
  • (6) 優れた決断を問題で曇らせてはならない。
  • (7) 他人の道を選ぶことはできない。他人に自分の道を選ばせてもいけない。
  • (8) 小さなことをチェックすべし。
  • (9) 功績は分けあう。
  • (10) 冷静であれ。親切であれ。
  • (11) ビジョンを持て。一歩先を要求しろ。
  • (12) 恐怖にかられるな。悲観論に耳を傾けるな。
  • (13) 楽観的でありつづければ力が倍増する。

読み返すと自分には耳が痛いものもいくつか。精進せねば。


hideackの本棚 - 2018年03月 (13作品)

WEB+DB PRESS Vol.103
WEB+DB PRESS Vol.103
西村宗晃
読了日:03月16日

powered by Booklog

植田正治写真展 光と陰の世界 Part.II

ときの忘れもので開催されている「植田正治写真展 光と陰の世界 Part.II 」へ。

ポラロイドの作品新鮮だった。図録を購入して帰宅。

ex.artnavi-bt.com

2018年2月に読んだ本を振り返る

2月は9作品。

行こう、どこにもなかった方法で 、「バルミューダ」誕生までのストーリーがまるで小説の様にまとめられた企業物語バルミューダのトースターを使う様になってから興味を持って読んでみたのだけれども、テンション上がった。チャレンジし続ける人はかっこいい。

酒は人の上に人を造らず (中公新書)、お酒呑みながら読んだら最高だった。電車でビール呑む機会があるときに、また読み直そう。


hideackの本棚 - 2018年02月 (9作品)
powered by Booklog

東京マラソンの応援へ

昨年に続いて東京マラソンの応援へ。

思わず自分の地元の企業名や団体名を冠したゼッケンを身に着けたランナーの方が前を通るときに応援の声が出てしまう。

2018年1月に読んだ本を振り返る

人生は単なる空騒ぎ ‐言葉の魔法‐、収められている書も素敵なのだけれども、収められている映画製作中のタイムスケジュールをまとめた手書きのシートが圧巻。プロジェクト進行における手書きの威力をここ最近感じているので今年もう少し取り入れられないかなと思っている。

マグロ船仕事術―日本一のマグロ船から学んだ!マネジメントとリーダーシップの極意、タイトルを見るとどうしてもイメージとして持つ「マグロ船」の印象からどんな本なのだろうかと思ったのだけれども内容とてもマネジメントの本として優良。他の人が如何に仕事をしやすくする環境を作っていくか。についてまとめられている。

惚れる力 ― カープ一筋50年。苑田スカウトの仕事術、何事も惚れてやり尽くして結果を待つ。


hideackの本棚 - 2018年01月 (12作品)
powered by Booklog

鶏と大根のさっぱり煮の作り方

近所のスーパーでおそらくクリスマスに仕入れ手羽元がさばききれなくなったのか、数が多く入っているのに安く売られていたので購入して「鶏と大根のさっぱり煮」を作った。

材料

  • 手羽元
  • 大根
  • ゆで卵
  • 調味料 (比率)
    • 酢(カップ) 1
    • 醤油と水(カップ) 0.5ずつ
    • 砂糖(大さじ) 6
  • もしあれば
    • にんにく 1かけ (調味液用)
    • 生姜 適宜 (調味液用)

作り方

手羽元によって調味料の量は変わるので浸る分だけ調味料を上の比率で鍋に入れればよい。ひとまず1カップ分を作ってみて「手羽元が浸らないな」と思ったら追加する。

  1. 調味液を手羽元が浸る分くらい作り、あればにんにくと生姜を入れて鍋を火にかけ軽く煮立てる
  2. 煮立ったら手羽元、大根、ゆで卵を入れる
  3. アルミホイルで落し蓋を作り、弱火で30分程度コトコト煮る。

かなりざっくりした作り方であるが、ほぼ失敗することなくできるのでお試しを。

調味料を混ぜて調味液を作って火にかけ煮立てるときに酢が思いの外、ツンとした匂いが上がってきますが驚くこと無く惑うこと無く作り続けることがコツです。

徒然日記

通勤の際に使う電車だったりが、まだそこまで混んでなくて今週いっぱいはお休み取られている方が多いんだろうなと思いながら出社した。

下半期を振り返る面談をしたりしながら一日があっという間にすぎる。来週から本格始動。